渋谷道玄坂ホテヘル渋谷くぃーんずみはる18歳

未分類

渋谷道玄坂ホテヘル渋谷くぃーんずみはる18歳

2050年。生きるために必要な「職(ジョブ)」をこなすエッセンシャルワーカーの社会的地位と給与は、21世紀初頭と比べ飛躍的に向上した。その一方、全国民に基礎収入制度(ユニバーサル・ベーシックインカム)が行き渡ったこともあり、充実した人生を送るべく「仕事(ワーク)」を楽しむ人々も増えている。あるとき、エッセンシャルワーカーとして渋谷区で働く主人公は、自らの「支流意識(ブランチ)」に大幅な権限(グラント)を渡すことを決意する。果たしてその理由とは……。SF作家・藤井太洋が紡ぐ、人生設計をめぐる職と仕事とお金の物語。

コメント

タイトルとURLをコピーしました