秋葉原 ホテル型ピンサロ Cawaiiハイスクールリターンズ秋葉原校 梅雨

未分類

秋葉原 ホテル型ピンサロ Cawaiiハイスクールリターンズ秋葉原校 梅雨

○梅雨入りは東北、北陸、沖縄・奄美で遅く、その他の地域は平年並みか早めだった。梅雨明けは関東甲信や沖縄で早く、これ以外の地域は平年並みか遅めだった。

○梅雨の時期は、関東・甲信や西日本は梅雨前線の影響を受けにくく、降水量が少なかったが、北陸と東北では多かった。一時的な前線の活発化によって7月には九州北部や秋田県などで記録的な豪雨も発生した。

○夏は全国的に梅雨明けが遅れ、7月は東・西日本を中心に気温が低く、日照時間が少ない不順な天候となった。7月末から8月前半にかけては、東日本を中心に太平洋高気圧に覆われ、厳しい暑さが続いた。西日本では、前線や台風の影響で、たびたび大雨となり、特に九州南部では7月に、九州北部では7月と8月に記録的な大雨を観測。土砂災害や河川の氾濫などで大きな被害が発生した。

○料理やファッションの世界に広がったエスニックブームが、音楽でも話題を集める-モリ・カンテ、ジブシーキングス、マハラティーニ&マホテラ・クイーンズ、オルケストル・ルンバ・ライなど。

○冬から春先まで気温の変動が大きく、4月から6月頃は全国的に高温傾向。夏はオホーツク海高気圧と前線の影響で南西諸島を除き10年ぶりの冷夏となり、米などの農作物に深刻な打撃を与えた。東北地方は梅雨明けを特定できなかった。秋は気温の変動が大きくなり、特に11月は東日本以西を中心に記録的な高温となった。1年を通してみると日照時間は全国的に短かく、年平均気温では北日本と東日本が平年並み、西日本と南西諸島では平年を上回った。これまで高温傾向が続いていた東日本の平年並みは7年ぶり。
○台風の発生数は21個と少なかったが、早い時期から上陸したり、日本への接近数が多い年だった。
○大きな地震が相次ぎ発生。5月に宮城県沖マグニチュード(M)7.1震度6弱。7月に宮城県北部M6.4、震度6強。9月に北海道十勝沖M8.0、震度6弱。
×一部を除き世界的な高温。インドでは5〜6月に気温が49℃台まで上昇し1400人以上が死亡。6〜8月には欧州各地が40℃を超える熱波に見舞われ、フランスを中心に欧州全体で2万人以上の死者を出した。また、米カリフォルニア州では10月、異常高温と小雨から大規模な森林火災が発生した。
×中国中部で大雨による大洪水が発生(7月)する一方で、中国南部や台湾では干ばつの被害が広がった。
×8月、約6万年ぶりに火星が地球までの距離約5576万キロの大接近。

邦画1。ゲド戦記2。LIMIT OF LOVE 海猿3。THE 有頂天ホテル4。デスノート the Last
name5。日本沈没○年間入場者は1億6,427万人で前年比102.4%、382万人の増加となった。映画館数はシネコンの増加が続き、2005年より136館増え、3,062館で13年連続の増加となる。21年ぶりに興行収入シェアで邦画が洋画を上回る。○興行収入は2,026億円で、前年比102.2%と2年ぶりの増加となった。

○梅雨入りは、関東甲信、東海、近畿、四国では例年より4〜6日早かったが、東北や北陸、中国、九州北部では遅い梅雨入りとなった。梅雨明けは、東北や西日本は早く、関東甲信や東海は例年並みであった。

○梅雨入りは四国と九州南部で平年並み、その他の地域は平年より早かった。梅雨明けは沖縄・奄美地方で遅かったほかは平年並みだった。

○夏は梅雨明けが沖縄地方を除き全国的に遅かった。7月は梅雨前線の活動がたびたび活発になり、東・西日本を中心に各地で長時間にわたって大雨となり、河川の氾濫や土砂災害などで甚大な被害が発生した(「令和2年7月豪雨」)。特に九州各地では7月上旬に記録的な豪雨に見舞われ、多数の死亡者が出た。8月は一転して太平洋高気圧に覆われて東・西日本の平均気温は過去最高記録を更新した。

○梅雨入りは関東甲信から九州で平年より早く、沖縄・奄美で遅かった。梅雨明けは沖縄・奄美で早く、東北南部、関東甲信、東海で遅かった。梅雨の降水量は四国や九州南部で多く、東北南部や関東甲信では少なかった。

○ 冬から春にかけて全国的に高温傾向が続いた。3〜4月は極端に高温となり、 東京では4月初めに25℃を超える夏日となった。夏は北日本で低温・多雨・ 寡照、西日本では高温・小雨・多照と地域差が大きく、梅雨前線の影響は少なかったが、東日本と東北では台風の影響もあり、降水量が平年より5割以 上多かった。台風は1951年以降初めて関東地方に3個上陸、うち2個は7月 中に上陸するなど、襲来も平年に比べ早かった。10月中旬まで各地で夏日を観測するほど残暑が続いたが、同月下旬以降は真冬並みの気圧配置となり、11 月には平年より1カ月早く各地で初霜、初氷が観測され寒い秋となった。12 月も関東に大雪が降るなど、北日本・東日本では低温が続いた。×世界の年平均地上気温の平年差は+0.54℃で、統計史上2番目に高かった。×1997年以来5年ぶりにエルニーニョ現象が発生した。×3月に中国で過去最大規模の黄砂が発生。8月には中東欧諸国で150年ぶりの大洪水が発生し多数の被災者を出した。中国や韓国、南アジアなどでも洪水による被害に見舞われる一方、北米大陸では記録的な干ばつが発生した。12月にはオーストラリアで100年ぶりの大干ばつとなり、山火事の被害が広がるなど、世界の各地で異常気象による災害が目立つ年となった。

○カラ梅雨の後、東日本は猛暑に襲われ、7月23日にはクーラーの使用による電力需要が瞬間に激増、1都5県
280万戸で最高3時間以上の真昼の大停電が発生。この影響で、銀行のオンラインがストップ、大企業のオフィスコンピューターがダウンするなど、社会活動全般に悪影響を及ぼした。

○梅雨の時期は7月上旬に本州付近に梅雨前線が停滞。南からの大量の湿った空気の影響で西日本を中心に記録的な大雨となり、甚大な被害が発生した(気象庁は「平成30年7月豪雨」と命名)。

○前年12月から2006年1月にかけて日本海側で記録的な大雪。雪下ろし中の事故等で死者150人以上という深刻な被害を出し「平成18年豪雪」と命名。○春から夏にかけて全国的に日照不足、五月晴れもほとんどないまま梅雨入りした。6月には沖縄本島で記録的な大雨、梅雨前線は梅雨後半に更に非常に活発になり北陸、長野、中国地方、九州南部などで相次いで集中豪雨が発生、7月半ばから各地に大きな被害をもたらした大雨は「平成18年7月豪雨」と命名された。梅雨明けも南西諸島を除いて平年より遅く長梅雨となった。○秋以降は全国的に高温。記録的豪雪だった前年冬から一転し暖冬となった。○9月に宮崎県延岡市で台風に伴い竜巻が発生し大きな被害を出し、11月には北海道佐呂間町で国内としては最大規模の竜巻が発生し大惨事となった。×フィリピンで集中豪雨による大規模地すべりが発生、1,000人以上の死者(2月)。インドネシア・ジャワ島中部地震(マグニチュード6.3)により5,700人以上が犠牲に(5月)。欧米を熱波が襲い、多数の死者(6月〜8月)。秋には南米ペルー沖の海水温が上昇するエルニーニョ現象が4年ぶりに発生。×12月の世界の月平均気温は、平年差が+0.41℃で観測史上最高。また年平均気温は、世界が平年差+0.31℃で歴代3位タイ、日本は平年差が+0.44℃で10位タイとなった。

みなとみらい線開通(2.1)、コレド日本橋(3.30)、ダイアモンドシティ・ソレイユ(3.24)、九州新幹線一部路線開業(3.13)、札幌プリンスホテルタワー開業(4.24)、丸の内オアゾ開業(9.14)、羽田空港第2ターミナルビルオープン(12.1)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました