大阪梅田 オナクラ 生保レディの心得 広瀬みう

大阪梅田 オナクラ 生保レディの心得 広瀬みう

東京海上日動火災保険の福岡県の損保プロ代理店7社が、共産党の大門実紀史議員に駆け込んだ件について、広瀬伸一社長は何を語ったのか。また、今後の代理店の在り方についてどのように考えているのか。さらに、新制度の方向性についても聞いた。

年末年始に2度にわたって「ダイヤモンド保険ラボ」で報じた、FWD富士生命保険の新社長誕生のドキュメント。大型保険代理店の社長から生保の社長に転じるという異例の事態に社内は大揺れとなったが、その渦中の人である山岸英樹社長が口を開いた。

好スタートを切ったはなさく生命保険だが、足元ではライバルの攻勢に押され気味。そこで、日本生命保険による販路拡大に向けた乗り合い大作戦が展開されている。また、朝日生命保険が子会社生保を新設するなど、大乱戦となりそうなさまを追った。

最後発の生保としてスタートしたはなさく生命保険。最初に投入した医療保険が好スタートを切ったが、住友生命保険傘下のメディケア生命保険の逆襲に遭い、販売目標は未達となった。次の戦略を増山尚志社長に聞いた。

生保業界が抱える営業職員(生保レディー)は20万人超に上るが、その詳細な実態は厚いベールに包まれている。今回、ダイヤモンド編集部は主要生命保険会社にアンケート調査を実施。その結果を余すところなく公開する。

生保42社と代理店、業界団体、そこに金融当局も加わるという異例の会合が昨年始まった。テーマは、乗り合い代理店の業務品質や評価方法について。いわば“顧客思い”の業務品質について業界を挙げて議論したわけで、その中身を詳報する。

売上高40億円規模の某製粉会社が加入する法人向け保険。その保険料は実に年間2億円超に上り、狙いは、節税保険を駆使した利益隠しや経営陣への資金移転などだ。その裏には大手保険代理店や生保会社の姿があった。

保険商品の中でも最大の激戦区、医療保険。「週刊ダイヤモンド」の商品ランキングでも評価が高いのが、三井住友海上あいおい生命保険の医療保険だが、他生保が続々と新商品を投入する中で、21年4月1日に就任した加治資朗新社長はどのような戦略で臨むのか、話を聞いた。

生保業界のガリバー、日本生命保険。営業職員チャネルに対して大きな制度変更は行わず、人数を増やすと明確な方針を掲げている。また、代理店チャネルを開拓すべく設立した子会社のはなさく生命保険への評価は、“1勝1敗”と言う。清水博社長が描く営業政策について、真意を聞いた。

エレベーターホールの前で笑顔を振りまき、生命保険の契約獲得に向けて日々、まい進する生保レディーたち。明治安田生命保険の固定的給与をはじめ、各生保は生保レディーの処遇改善を進めている。そうした動きについて、彼女たちは何を思うのか。大手4社の生保レディーたちに本音を聞いた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました