こちらの赤羽ギャラクシーネオもフラ系のピンサロ店です

未分類

こちらの赤羽ギャラクシーネオもフラ系のピンサロ店です

しかし軍事施設が集中していた赤羽は当然の如くアメリカさんから目をつけられ、B29の集中砲火を浴びてしまいます。

今回はそんな赤羽エリアのピンサロ3軒のシステムから人気嬢、更に本番情報まで詳しく調べてみました。

今では本番出来ない「優良店」として、赤羽駅東口を中心に3軒のみ営業が確認出来ています。

こちらの赤羽ギャラクシーネオもフラ系のピンサロ店です。

赤羽では今最も「アツい」お店として知られており、ネットでクチコミを調べてもなかなかの高評価が並んでいます。

焦土と化した赤羽でしたが、戦後駅周辺にはヤミ市の「復興会商店街」が形成され、買い物客で賑わいました。

それら施設で働く人々が赤羽にやってきた事で、商店街や住宅地が整備され、商業も発展。国鉄赤羽駅と路面電車の赤羽駅を結んでいた「赤羽銀座通り」は多くの人が行き交い、大いに賑わいます。

それと前後して赤羽周辺の丘には軍隊の本拠地(近衛工兵大隊、第一師団工兵大隊)や被服本廠、陸軍火薬庫などの軍事施設が東京都心部から移転してきました。

昭和と平成が入り混じった如何にも「赤羽」といった景観も含め、人を引きつける何かがこの街には確かに存在します。

場所は赤羽駅東口から徒歩1分となる雑居ビルの地下1階にあり、向いには目印となる「ダイワロイネットホテル東京赤羽」があり、初めての人でも迷う事はないでしょう。

その他、西友やカルビーの本社が赤羽にあり、仕事帰りのサラリーマン達の憩いの街として赤羽は古くから親しまれてきました。

屋号変更や入れ替わりが激しい赤羽のピンサロ業界にあって、同じ場所で比較的長く続いているお店であり、「赤羽のピンサロはココ」と言われる程の地位を確立しています。

結局、ピンサロではイケずに、割り切りで女性と赤羽で待ち合わせてビジホで3発も本番してきましたので報告します。

場所は赤羽駅東口から一番街を抜け、焼鳥屋の扇屋が見えたら右に曲がり、右手にある雑居ビルの6階にあります(駅から徒歩3分位)。

しかし戦局が悪化して営業停止。戦後焦土と化した赤羽でしたが、日本へ進駐してきた連合軍兵士の強姦などの性暴力を防ぐ為に「RAA(特殊慰安施設協会)」という慰安所が日本政府によって短期間設置され、赤羽にあった料亭がRAAの施設として使われ(赤羽会館 赤羽キャバレーとも)、GI達で大いに賑わったそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました